スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅をすること。

2011.07.06 10:16|
「旅をすること」を考えるようになったのは
20代後半。
人生を1人でも生き抜いてやる!と奮起した時期だったと
今になって、思う。
ぶっちゃけ、「まきちゃんは、1人でも生きていける」
と、言われて当時はハートブレイク(笑)

10代の頃は、バスケットに夢中だったし
20代前半は、エアロビクスに夢中だったし
恋愛はー、といえば、
いわゆるダメンズと付き合うことが多かったので
(類は友を・・なんで、あたしもダメコだった)

自分の考える世界が、本当に、本当に狭かった。

外国、外国人に興味があって英語を習っていた
時期もあったし、当時は自由になるお金もあったので
「アメリカ行ってくる」と当時の彼氏に言うと

当時の彼氏 「駄目、危ないでしょ」

あたし 「う、うん、わかった」

みたいなー、へんてこりんな会話が成り立っていたから
・・・痛い(笑)

ま、そんなダメンズとは、おさらばして
自分がどんな生き方をしたいのか、真剣に考える
時間を大切にしたからからな、「旅をすること」って
自分が、心の底から望んでいたことだなぁとわかった。

「旅」は、あなたにとってどういうものですか?と
お店をやっていた時に、よく聞かれたんだけど
こう答えていたような気がするし、こう答えたい。

「私の感じる好奇心を満たしてくれる大切なもの」

旅をして、わかったこと。
世の中にはいい人も、悪い人も、
優しい人も、いじわるな人も、
正直に商売する人も、ぼる人も
困った時に助けてくれる人も、助けてくれない人も
本当に、色々なタイプの人間がいることで
私自身の感受性がどんどん研ぎ澄まされてきた気がする。

だまされたりした時は、こんにゃろー、にぎーっと
人間不信になり、神様なんていねーじゃねーかと思ったし

ある時、涙が出るほど温かく優しくしてもらえば、
また人間を信じることた出来て、神様ってやっぱりいるのね
っとなる。

その繰り返しが、たまらなく好きだ。

明日から、ちょっと旅に出ます。

1人で生きてやると思った私に、同じ方向を見て
生きてくれる人がいてくれたことを、
感謝しながら、ね!

アディオス!
2008 thailand 030
これは、2008年 愛しの国 タイ王国 寺院での写真です。
青空になびくカラフルな旗を見て、心躍った4月。
また行きたいな。
| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcom to

プロフィール

Maki

Author:Maki
寅年、B型、体育会系。

長所 元気。やる気。
短所 マイペース。

興味のあること。
農作業。障害者福祉。
国際理解。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。