スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耕作放棄地&減反

2011.04.15 13:40|私の日常
実は、ウォーキングはじめたんですよ。

自宅から往復40分程度なんですけど、ちょうどいい
距離です。
っと、後ろから見知らぬおじさんに
「頑張ってだすなーー」にこっ と声をかけられました。

馬鹿正直な私、その日はウォーキング初日だったので
走り去ろうとするおじさんに
「え?はい、けど、今日から歩いたんですーーーー」っと。

おじさん@「ん?んだのーーー」と笑いながら
走りさりましたとさ。

なんと、負げらいねーっと、帰宅後の旦那さんに話したところ
(何に負けられないのかは不明)

「・・・ほんとに、負けず嫌いだね・・・」(汗
と言われました。

自分でもよくわからないんですけど、一瞬で
「負げらいね!」って思っちゃうんだよねーー
これは、血筋だな(笑)

ところで、歩くコースは見渡す限りの農地なんですけどね
耕作放棄地に被災地へ送るためのものを植えたり
(いずれは、地元で消費する)
国は減反を当分の間やめるとか、出来ないものですかね。

耕作放棄地は、土地の問題だったり(畑や田んぼのある場所)
土地の所有者の問題だったり、農地として戻すまでの時間も
かかるし、大変なことが山積みかと思いますが
津波の塩害、放射線の影響でこの先、いつ土地が再利用
出来るかわからない土地が、このたびの震災で出来たと
思います。

減反のことは詳しくわからないから色々な知識人に
話を聞いてみたいと思います。

今、大変だからこそ、秋田の肥沃な土地、寝てる土地を
次世代を担う我々が耕す時代がきたのではないかなーと
思うのですよ。
まだ具体的なアィディアはないけど、
そのためのコーディネーターが出来たらいいな。
非現実的かもしれないけど、第一次産業・生産を
してきた人たちを支えて、また自らが立ち上がる
ことが出来たらいいな。

田んぼや、畑やりたい人、それらのお手伝いしたい人、を
畑持ってるけど年取って出来ない人、人手が欲しい農家の人と
結びつけることが出来たらいいなと思います。

P,s八郎潟での畑作業は、今年はやめ。
その変わり、親戚の家(三種町)のお手伝いに行くことに
しましたーーーー、じいちゃん、ばぁちゃんの墓所も
すぐそばだし、いいかも!?
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
welcom to

プロフィール

Maki

Author:Maki
寅年、B型、体育会系。

長所 元気。やる気。
短所 マイペース。

興味のあること。
農作業。障害者福祉。
国際理解。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。