スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004 タイ⑨

2009.03.04 18:51|私の日常
カオサンでは、結構日本人を目にするんだけどなかなかお友達にはなりにくいのかなぁって
思ってたわけ。そんな思いこみは一瞬のうちに崩れ去ってさ、結構お友達が出来ました。
毎晩のように新しいメンバーと飲んでたあたしとあぁちゃんでした。

某有名大学に通ってるともくんや、大学院生のみぃちゃんに会ったのもその時期です。

あぁちゃんとともくんとあたしはB型。みぃちゃんはAB型という、これまた貴重なメンバーでした。

それぞれ、目的も違うんだけど話しがあったなぁ。

日本にいても決して知り合えない人達と、タイで知り合ってお酒を酌み交わす。
不思議な時間だった。

けれど、きっとこの人達とは出会う運命だったんだろうなぁって ね。
だから あたしは出会えた人すべてに縁があるんだ
と思って大切にしたいって思うのです。はい!

タイ日記も終盤にさしかかってきました。
ワットポーでの授業を終え、テストもなんとか合格できて、ほっと一息。頑張った!!

明日からは今回の旅のメイン?店と同じ名前の島に行く予定なのです。
という訳で今日の深夜日本から、友人のりみとぶんぶんがバンコクにやってきます。
二人は、とっても興奮している様子。
そうだよねぇ・・いつも添乗員がいるツアーで海外に来てたのが、二人っきりなんだもん。

心配だし、興奮するわな(笑)地元を発つ前からタオ島でのホテルを早々に予約したり、
切符を手配したり、、、それはそれは用意周到な旅だなって思ってました。
あたしは、結構いきあたりばっちりで行動しちゃってたからね。
きっと、それが不安だったんだと思います、はい。(苦笑)

そういや昨年の荷造りは前の日の夜だったので、りみや亜紀子に すごく驚かれ、
そして叱られたのよ。

「ありえねぇぇぇぇぇ~」ってね。うふ。

二人に会うべく、あたしは空港へタクシーで迎えにいきました。わくわくドキドキ。だって
久しぶりに会えるんだもんねぇ、仲良しな友達に。

空港出たら、右に曲がって!と国際電話で話していたので、迷うことなく会えました。
案の定二人は興奮してて、やたらと声がでかい!
旅の途中二人に何度か、このうるさいあたしが「ちょっと声デカイ!」と注意したのは 
いうまでもありません(本当よ~)

さぁ、ホテルで1泊したら、明日はもうタオ島だ!
すごく楽しみ。なんだか自分のルーツに立ち返れるそんな気がして 
爆睡したギャル三人でした(笑)

翌朝 早くにバンコクからサムイ島へ飛びました。

80人くらいしか乗れないくらいの小さな飛行機だったので、ちょっと緊張したよ。

目下に広がる綺麗な海を見ていたら へっちゃらになったけれどもね。

サムイ島から、今度は船でタオ島へ。。。
疲れがたまってたので、酔うところでした(苦笑)

乗客はヨーロッパ系が沢山!それだけで、もう興奮気味なんだけどね~。うふ。

船で揺られること二時間半くらいかな。とうとう見えてきました、タオ島。

船着場には 客引きのタイ人がひしめき合っています。
いきなり 「どこ 泊まる?300バーツ行くよ」と。
「はぁ??300なんて、高すぎる。いらない、うちらは歩いて行くから」と、強気。

けど、りみやぶんぶんの荷物がキャスター付スーツケースだったので、綺麗に舗装されてない
タオ島を歩くのは困難だったのです。

そっからは、値切りスタートよ。まず、話しかけて来た連中には目もくれず、
一人の男の人に声をかけました。

その人は、親切そして丁寧。料金だって、半額以下だったし。

(※タイでは、笑顔で話しかけてくる人は怪しんだ方が無難です。
こんな風に思うのは、本当に嫌なんだけど、けど自分を守る意味でも必要。)

タオ島で バンガローに泊まってたの。見晴らしもよくて、南の島のフローネ状態。わぉ!
海までは歩いて5分ですわよぉ。

あたし、タイでの食事は全く問題なくて毎年2キロくらいは体重が増えて帰国しちゃう
くらい(苦笑)心配していた りみも、ぶんぶんも「おいしぃ~」って言いながら、おいしそうに
食べてました。あたしとりみは、お昼からBeerいっちゃうこともあってね(笑)、ほんとのんびり
していました。

2日目、午後2時からタイ式マッサージを予約していたんだけど、
朝からかなりいい天気。
でた~!あたし、単独行動をしたくなりました。
マッサージはいつでも受けれるけど、
この綺麗な海には今しか潜れん!りみとぶんぶんに我がままを許してもらい
しまいに 船をチャーターすべく紛争しました。最初に1000バーツとか言われたけど、
値切って600バーツで契約。(それでも高いような気がする)

一人で小さな船を貸しきって潜りにいったのでした。

いや~、かなりいい!!(お店に写真ありますので見にきてくださいね)

2度と戻らない時間、最高な時間を過ごすことが出来ました。船頭の親父とも
仲良くなって、3回潜ったうち、最後は一緒に入りました。親父は茶色のブリーフで泳いで
いて、俺の後ろにカモーンって言ったけど、笑い過ぎちゃって駄目でした。
だから、隣で泳いだんだけどね。ほんと、貴重だったわ~。

2泊3日のタオ島でのバカンスを終えて、船に乗る前にお世話になったバンガロー経営者や
ウェイター達にお別れを!

そして、タオ島から葉書を出そうと思ってたので、「モン」という男の子に郵送料と
チップを含んだお金と葉書を3枚渡しました。大切な人 3人に書いたのね。

けどね・・。
結局今も、その葉書は届いていません。モン!頼むよ。かなり、切ない気持ちが残って
いるよぉ。。。

タオ島での時間は、とても美しくて心がPureになりました。

同じく流れる時間、どうせ過ごすなら自分が気持ちよく過ごしたい。

人にどう思われても あたしはあたしらしく生きたい。恥ずかしいだけで 前に進めない
今の自分は少し駄目。

けど、これもあたしなんだよね。。。そこを受け入れてから前に進む。
なんか泣きたい。結局変わりたくても変われなかったのかなぁと弱気になる。
けど、これじゃいかんと 強気になる。
どれが、あたし?まだ少し考える。きっと考えるのが必要なのかもしれない。。。。

っと、こんな風に、のんびりとした場所に自分を置いて色々考えリフレッシュしようとして
いたのでした。2泊3日、ほんとあっという間過ぎのタオ島。
来年も絶対行きたい!!そう思っているあたしでした。

翌朝、バンコクへ戻りました。タオ島があまりにのんびりしていて
よかったので、人が多くてごった返しているバンコクは、過ごしづらい・・・。
りみもぶんぶんも、そう思ってたに違いない。

有名なワットポーに行ったり、エメラルド寺院に(王宮)行ったりと、ね。
エメラルド寺院に向かっている時に、雑誌とかに出てくる有名な詐欺師に出くわしました。
詐欺師は、「今日は王宮休み!」って。そんなことあるわけないのにね。(笑)

「カオ ジャイ レェーオ(分かりました)」って行って無視して歩いて行ったよ。

そうそう、ワットポーでは占いもしてきたよ。あたしは、外国人と結婚するって言われちゃい
ましたよぉ(笑)あと ボスになるって言われました。性格的に、すでにボスなんだけど。うふ。
あっと、あっという間に帰国日になりまして、、。

帰りの便 あたしの隣がタイの僧侶だったので驚きました。・・が、宗教的に僧侶は女性と
話しをするのも駄目なので、スチュワーデスに席を変わるように言われて。変わった隣が
ぶんぶんでした(驚き!)

2004年8月。1ヶ月間 日本を離れて、色んな気持ちを感じました。

正直、寂しくなって空を見上げた日もあったり。

でもでも、ちょっぴり自信もついて顔を上げて日本に帰れるぞ~!って感じ。

これで、タイ日記は今日で終了!最後まで つたない文章におつきあい頂き
ありがとうございました(*^_^*)ww
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcom to

プロフィール

Maki

Author:Maki
寅年、B型、体育会系。

長所 元気。やる気。
短所 マイペース。

興味のあること。
農作業。障害者福祉。
国際理解。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。