スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004 タイ②

2009.03.04 18:00|
深夜にタイの首都バンコクに到着。

フロントでいきなりの早い英語の洗礼!「は?」なにいってんの?と
何度思ったことか。その度に、「パードゥン?」
を連呼する。ここで恥ずかしがっていては一人で明日チェンマイへ行けない!!
聞かぬは一生の恥よぉ~。

無事チェックインも済み、寝ることが出来ました。

翌朝、早くも事件が起こりました。
バイキングスタイルの朝食に少しどきどきしながら色々と選んでいたの。
そしたら、日本人の若い女の子、あたし以上に挙動不審。

「一緒に食べません?」、得意の逆ナンパ!
のちのち、出てくるその女の子の名前は「あーちゃん」。
あーちゃんと食事を終えホテルフロントで100バーツ紙幣を
両替してもらったの。
あたしは少しタイ語が話せるのでなめられなかったんだけど、
あーちゃんは、いきなりフロントの女になめられた。
100バーツ紙幣を2枚出したのに、100バーツ分のお金しか返ってこなかった。
あーちゃんは、「あの・・200バーツだしたんですけど、たっ 足りませんよね」涙
って。「そうだね、足りないね。よし、旅の始めになめられたら駄目だよっ。
取り返しにいくぞ!100バーツ!」
っといい、2人でいざ出陣。怪しいフロントの女に、
あたしはにらみをきかせながら
「エクスキューズ ミィー!!」
その女「(びびりながら)イエス・・・」

あたし「彼女は100バーツ2枚出したはずだけど、足りない」←(タイ語と英語で必死に。)

その女 素早く「アイムソーリー・・」と言いながら言い訳もせずに100バーツ分を
よこしたのでありました。

あたしとあ~ちゃんはあっけにとられながらも、
(この女気づかれなかったら、自分の懐に100バーツしまったんだろうなぁ。ずるい。)
と考えていたのでした。
あーちゃんには無事に100バーツが戻り、あ~ちゃんは一人でバスに乗り
タイの北部スコータイへ行ったのでした。
あたし、この、あーちゃんのことが気がかりで。。。

だって、英語もタイ語もほとんど出来ないのに
ベトナムまで行くとか言ってるんだもん。
若干20歳、これが若さなのかなぁって思ってしまった思考は、
おばちゃん風なあたしでありました。

人の心配ばかりしてる場合じゃない、あたしも初の国内線だわ。
Eチケットってどうやるのぉ?
初めてのことばかりで、やたらと緊張してたのであります。

続く
| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcom to

プロフィール

Maki

Author:Maki
寅年、B型、体育会系。

長所 元気。やる気。
短所 マイペース。

興味のあること。
農作業。障害者福祉。
国際理解。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。