スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きりたんぽ炊きだし」報告。

2011.11.07 16:52|Heart of Gold活動
11月3日、炊き出し参加のSさんと買い出し&下準備。
003.jpg
※上記写真は材料の一部

007.jpg  008.jpg
11月4日、大館市比内町へきりたんぽ&だしを買いに!
途中、変わりゆく葉の色を眺めながら深まる秋を感じ。
 
やってきました、きりたんぽ製造所。
こちらの機械を使って大量生産してるんですねー。
午前の部が終わって、一休みの機械を激写してきました。
kiritanpo 017
018.jpg  014.jpg
岩沼には、11月4日午前中に作ったきりたんぽを
持って行くことが出来ました。
祖父宅が比内町にある本場生まれの母や私のこだわり。
固くなった たんぽは、んめぐね(笑)
どうです?美味しそうなきりたんぽでしょ?!
そして、にこやかに笑う小松さんと叔母さん。

なんと、注文した数よりも多く用意してくださっていた小松さん!
「これが、私達の気持ちですから、どうぞ持っていって
食べさせてあげてください!!」っと、物資を寄附してもらいました。

そして、叔母さんは、「だしは私からの寄附!!まき、頑張って
美味しいの作って食べさせてこい!」と激励。

比内から秋田へ向かう車中で、嬉し涙。ありがたい。

11月5日、朝4時起床、ケイトをひろって5時ちょいには高速。
026.jpg  028.jpg
明け方に見た星が綺麗でしたーー。一瞬震災翌朝の空を
思い出した私です。
あいにく、西仙北あたりから、ずーーーーっと、霧。
視界が悪く、びびりながら走る。速度規制もあり。
ようやく霧が晴れてきた時に、ケイトカメラマン、ぱしゃり。
kiritanpo 034  033.jpg  kirianpo 040
予定時刻を少し過ぎ、朝9時ちょいに岩沼へ到着。
被災地へ出発前のコーヒーブレイク。このコーヒーも
毎月何度か無償で仮設住宅前でカフェブースを作り出している
佐藤さんというおじさんのコーヒーです。

今回は、仮設住宅ではなく、寺島地区という1階部分が津波で
やられていながらも、皆さん2階部分に住んだり、リフォームしたりして
生活してる地区へ、出張炊き出しという形となりました。
車を走らせ5分ほどで、あたり一面、茶色。
海水でやられた広い土地を抜けて、公民館へ。
kirainpo 041 069.jpg  046.jpg
ここの公民館もやられていて、外での炊き出し&ブルーシートを
敷いて町民の方には食べてもらうことになりました。

秋田から、仙台から、福島から集まってくれたこのメンバーで
これから100食分のきりたんぽ炊き出しです。
045.jpg
それぞれが自分で仕事を見つけ動いてくれます。
049.jpg  050.jpg  052.jpg
大鍋5つ分のきりたんぽを作り始めました。

っと、途中で岩沼災害ボランティアセンターの
小菅さんが、「ちょっと見せたいものがあるんですが、
どうですか?」っと。
私とケイトはメンバーに声がけをして彼の後を追いました。
088.jpg  071.jpg  076.jpg
082.jpg  084.jpg 
そこは神社でした。
が、見るも無惨な形でした。
「ここは津波の被害は免れましたが、悲惨なものですわ」っと。
ケイトと二人、「信じられない光景だ・・・」っと。

色々感じながら、やべ、そろそろ戻ってお手伝いーっと
戻ったらば、すでに美味しそうな匂いでぷんぷんですよ♪
 091.jpg  101.jpg
ぞくぞくと寺島地区の方々が集まってきました!また現地ボランティアの方々も
午前の作業を終え、きりたんぽを食べに来てくれました。
103.jpg  110.jpg  112.jpg
107.jpg  131.jpg
寺島地区で民生委員をやられ、今回の炊き出しを岩沼市に
依頼してくださった菅原さん。(※赤ちゃんをおんぶしてる方)
彼女は、目に涙を浮かべて、こんな話をしてくださいました。
「今日はね、震災後はじめて、地区の人がここに集まったのよ。
まだ仮設にいて、戻ってこれない人もたくさんいるんだけども
こうやって、今まで地区の皆が集っていた公民館で、
美味しいものを食べながら、話が出来て・・・、幸せです」って。

何度も何度も、「こういう機会を作ってくれて、遠くから来てくれて
ありがとうございました!」と、ご支援くださった皆様に
よろしくお伝えくださいと、何度も、何度も。

まずは、皆さんの善意のリレーが、また、繋がったこと。
被災地で、受け取ってくれた方々が、笑顔を見せてくれたこと。

きりたんぽを食べ終えた後は、お楽しみーということで
「秋田弁クイズ」を披露してきました。
こちらのクイズ、寺島地区の方々、食いつきがよく(笑)
「同じ東北でも、わがらねっちゃーー」(笑)っと、
おっちゃん連呼。
特に、「ながまる」は、皆さんの顔がはてなマーク。
122.jpg 
こちらのゲームは、ご厚意でMさんがお忙しい中作成!
ありがとうございました。
141.jpg
100食(大5鍋)を配り、やり終えた後の皆の顔!
お疲れさんでしたーーー!!!
060.jpg  059.jpg
追伸 上記・・・我々はだしも使いながら、がらでも、しっかりと
スープを作りました。
だしを取ったあとのガラ、塩をかけて食べると劇的美味なんです。
お行儀が悪いわけではないんですよ!
皆、最初は、「えーーー」でしたが、私が熱く、
「これ、絶対美味しいから食べてみてー」とスタッフを説得。
そしたらば、、、やみつきになったみたいでしたよ。

今回のミッション、「きりたんぽ作戦」 無事終了。

ご協力いただきました皆様ありがとうございました。


| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
welcom to

プロフィール

Maki

Author:Maki
寅年、B型、体育会系。

長所 元気。やる気。
短所 マイペース。

興味のあること。
農作業。障害者福祉。
国際理解。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。