スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い出し・下準備。

2011.11.03 10:47|Heart of Gold活動
今日は午後から、5日のきりたんぽ炊き出しの買い出し、
下準備です。
仙台班では、ネギ、セリを用意してくれています。

そして、明日は、きりたんぽとだしを本場で購入。
非営利活動団体Heart of Goldの活動に賛同し、
寄附くださった皆様、関わりを持ってくださった皆様の
お陰で炊き出しが出来ます。本当に、ありがとうございます。

せっかくなら、美味しいものを、いい状態で
食べてもらいたい!、ただそれだけです。

秋田市内、我が家の近くにも、きりたんぽ売ってますけど
時間がたってるから固くなってるんですわ。
ま、固くなったきりたんぽは、電子レンジやトースターで
温めれば、なんの問題もなく食べれるんだけども、
被災地にそれらを持っていくわけにもいかない。
大鍋料理なので煮込む時間を考えたりしたら不可能。

というわけで、前日に、私は叔母さんが住む地区
大館市比内町独古地区へーーーー。
作っている所の写真も撮っていいよ、と言われたので
お邪魔できたらいいなー。

5日は、朝5時前にケイトをひろって岩沼へ。
ケイトって、タイ人です。
彼女は、震災後、会うたびに
「今度、まきが被災地に行く時、私も行きたい!」って
言ってんです。ババヘラの時はタイミングが合わずでしたが
今回のきりたんぽは、タイミングが合いました!

ありがたいです、こうやって一緒に活動してくれて。

日本の為にありがとう、と言ったら
「いえいえ、皆さんもタイのために、ありがとう、
そして、困った時は、お互いに助けあいましょう」っと。

うん、うん、そうだよね。ありがとう!

それにしても最近考えることがあります。

支援する側は、「無理しない支援を!」という流れがあるけど
果たしてそうだろうか?
もっと、痛み分けをしてもいいと、私は思う。
だって、もっともっと大変なんだよね、被災者は。
不安だらけの中で生活してる。働く場所、住む場所、
お金の問題、色々、色々、考えては、不安の中に生きてると
思う。家族が行方不明、亡くなった。。何重苦でしょうか。
想像つかないです。

そこで、ですよ。
余力がある人だけが支援すべきなのだろうか?
経済的に余裕がある人だけが支援すべきなのだろうか?
時間がある人だけが支援すべきなのだろうか?

そして、
支援してる人たちは、果たして本当に余力があるのだろうか?
経済的に余裕がある人なのだろうか?
時間をもてあましている人なのだろうか?

では、私に何が出来るの?を、
たくさんの人間が考えなくちゃいけないと思う。
何も出来なくて悲しい・・・、って、おいおい、
もっと悲しんでる人がいるのだよ、悲しんでる暇はない。

被災県の隣に位置する秋田県。
もっともっと出来る事があるんじゃないのか?って思う。
もっともっと継続して支援を続ける気持ちを持ち続ける、
そして行動する、ここですよ。
行動する。

頭の中で考えたって、なんにもならない。

人ごと、じゃ、ねんだな。




| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
welcom to

プロフィール

Maki

Author:Maki
寅年、B型、体育会系。

長所 元気。やる気。
短所 マイペース。

興味のあること。
農作業。障害者福祉。
国際理解。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。