スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田英寿。

2009.03.31 19:22|マイブーム
かっこいい。

生き方が、素敵だ。

勉強家なんだよなーー、中田さんは。

色々なことに興味を持ち、動いてる中田さんは

素敵だ。

少し冷めた感じの表情がまたいいね。

今年は日本を旅するそうだから、秋田にも来るのかな。

いつか、会って話をしたいなーーー。

願えば叶う。

ふふふ。今日から毎晩願おう。嘘です。笑
スポンサーサイト

you have to see・・・

2009.03.31 17:15|
「You have to see at my house・・・」

この言葉、帰国して1週間たった今でも、忘れられません。
どんな状況で、この言葉を言われたのか書いてみます。

ネパール生活も残り2日になった早朝7時過ぎ。
街中で知り合ったモヌというネパール人に御礼を言いに
1人出掛けることにしたんです。

モヌとは会う約束をしていなかったので、会えたらラッキー、
会えなかったら、それまでだなぁーっと思い、歩き始めたら
人力車のお兄さんが目の前に現れた。

爽やかな笑顔だったので、とりあえず乗って行くことに。
名前を聞くと、「クリシュナ」というではないですか?
クリシュナって、ヒンドゥー教の神様の名前なんですよね。

とりあえず、クリシュナ君と話をしながら、目的地まで。

当然?!モヌのお店は案の定OPENしてなくて、どうすっかなー
少し待ってみようかなぁーっと思ったら、クリシュナ君が
「モヌの電話番号を知ってるなら、電話してみよう」っと。
いきなり小売店の電話を借りて、電話をかけてくれた。
モヌと電話で会話をしたら、まもなくそちらに向かうからと言う。

ということで、じゃ、とりあえず待つことになった。

クリシュナ君に、「朝ご飯食べた?」っと聞いてみた。

彼は、食べてないと言うので、あたしもチア(ネパールティ)を
飲みたかったので、「じゃ、一緒にチアを飲みながら、なんか
軽く食べよう」っということになったわけです。

モヌの店の向かいに小さな喫茶店のようなお茶飲み場があったので
揚げパンを買って、そこに入りました。

・・・・と。
クリシュナ君と色々話をしているうちに、
彼の笑顔があまりにも自然で素敵だったので、
何気なく、何気なく、あたしはこんなことを言いました。

「君の笑顔は素敵だから、きっと将来は明るく輝くよ」っと。

っと、彼は、少し照れて、「ありがとう。」っと。

そして、少しの間があって、その後は真剣な表情で、彼は話はじめました。

「君の言葉、すごく嬉しいよ。どうありがとう。

・・・・けどね、僕はそう思わないんだ。(悲しい目をして遠くを見てた。)

君は、僕の生活や家族、家を見てみた方がいい。

君は、もっとネパールという国を知るべきだと思う。

毎日ご飯があるとは限らない。お客をつかまえられなかったら何も

食べれない。そんな日が、たくさん、たくさんあるんだ。

希望・・・。希望なんて持てないのが、今の僕らの生活なんだ。」っと。

あたし、何気なく言った自分の言葉で
クリシュナ君がそこまで深く考え答えるとは思いもしなかったので
返す言葉に詰まり、そして、沈黙してしまった。

その後、「そっか・・・・。」っと、少しの笑顔で、クリシュナ君との会話を
つなぐことだけが精一杯だった。

一緒にチアを飲んで、揚げパンを食べて。
クリシュナ君は、あたしより多くを食べようとしなかった。

「君、もっと食べなきゃ駄目だよ」っと言って。

あたしは、「お腹いっぱいなんだーー」っとみえすいた嘘をついて
「お母さんに持って帰って」っと言うのが、精一杯だった。

貧しさの中で、希望を持つということはどういうことだろう。

貧しさの中にいる彼らに、希望を持って!っと言うことは、どういうことだろう。

人は、信じるもの、希望があるから生きることを頑張れるのだと
あたしは思ってきた。けど、それが持てない、信じられないとしたら。
日々、生きること、生き抜くことが精一杯の人達を支えることが出来る方法は?

ラシカのメンバーが、ブログの中で、こんなことを書いてた。
「お金があって支援してるのではなく
心があって支援したいとRASICAは思うのです。」


クリシュナ君の言葉を聞き、あれからずっと、色々と自問自答し続けております。

ありがとう、ネパール。







魚の骨。

2009.03.29 15:58|
ネパールで美味しい魚のフライを食べました。

友達から、「骨大きくてたくさんあるから気をつけてね!」っと何度も言われ
その都度、「あいよーー」っと気楽に返事をしていたところ・・・

喉に魚の骨ちゃんが・・・・本当に刺さった。ま、まじ?

何度も注意してねーっと言われていた手前、

「さ、刺さった」
とは言えず。(苦笑)

よし、ご飯を丸呑みにすればいいはず!っと思い
ネパールのお米を丸呑みに。

・・・・がしかし、ネパールのお米はサラサラ(笑)

骨は、結構しっかりとあたしの喉に刺さってるいる模様。

ジャガイモを丸呑みしてみたり、にんじんを丸呑みしてみたり
友達に気がつかれないように、魚の骨と戦い続けて5分。

ちょっと小休止ということで、ようやくトイレに立つ。

トイレで、口の中に手を突っ込んでみると、

「お、おぇーーー」

やばい、食べたものすべて吐きそう(苦笑)

もったいないので、ちょっとあきらめモードで席に戻る。

水を飲んでみたり、色々やったけど無駄だったので
決戦は、部屋に戻ってから!っと気持ちを切り替えた。

喉に魚の骨が刺さったまんま、「おやすみーーー」っと友達と
別れ、1人部屋に。

おもむろに、トイレに向い、また指を突っ込んでみる。

お!指に骨が触れたではないか?!

こんな時にピンセット持ってくるべきだった・・・とか、このままだと
喉の炎症につながるのかなぁーとか色々考えたけど
とにかく、抜くしかない。

格闘して数分後・・・くらいかな。

やったーーーー。

涙目になりながら、無事喉から魚の骨をとったとさーーー(笑)

食事。

2009.03.29 11:10|
ネパールでの食事。

最初に書きますが、毎食カレーじゃないですよ(笑)

あたしは、旅に出て、お腹をやられちゃうタイプではないので
今回も、お陰様で大丈夫でした。丈夫に産んでくれてありがとう!

ネパールでは、ネパール料理をはじめ、チベット料理、
インド料理などなど、大陸ならではの食事を食べることが
出来ました。

とにかく、驚いたことは、野菜がとてもみずみずしくて
甘くて美味しかったということ。
小さな子供達のおやつに、にんじん。
これ、普通にあることなんですってーー、すごい。
有機栽培、これが原因でしょう。

カトマンズ市内から市街へ抜けていく道は
のどかな畑や小麦畑、たんぼもありましたが
畑の緑は生き生きしていましたねーーー。

あと、劇的に鶏肉が美味しかった♪

冷凍することがないから、新鮮で美味しいのよっと
ネパリーフレンズが話していました。

我が国日本では、冷凍が当たり前ですもんねーーー。
いつでも、どこでも、解凍すれば食べれます!みたいな。

こういったところにも、便利すぎる世の中の代償を感じますね。

季節とか、自然の恵みをもっと大切にして
自然のリズムに自分自身を合わせて生きていく必要があるのでは?
っと改めて思いました。

人間の都合良く生きてばかりはいられませんからね。

ネパリーフーズ、めっちゃ気に入りました!!

寝ても寝ても。

2009.03.28 18:37|私の日常
どうしちゃったのかしら~?!

最近のタオ、寝ても寝ても・・・寝たりないんです。

だから、いつもベッドに入るのはとてつもなく早い時間・・・・。

一度も目を覚ますことなく、ぐっすりと朝まで寝ているのです。

春、間近だから?それとも疲れがまだ抜けない?

どっちにしろ、深い眠りについていることは間違いないようです。

寝れることも健康だからだよっと昔言われたことを思い出し

今日も早めに寝るわ♪

Sweet Dreams !



変更です。

2009.03.26 18:31|私の日常
来週の月曜日、ラシカ主催のイベント 担当タオ

国際料理教室(タイ料理)が開催予定でしたが

諸事情により、来月12日(日曜日)に変更となります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします!

勝手にOPEN。

2009.03.25 22:47|
ネパール2日目の朝、8時半から
エアロビクスのレッスンをしました。

もちろん、対象はネパール人。ほほほーー!

あたしの友達のY子ちゃんのお友達アルナのところに
お世話になっていたのですが、アルナは、日本語学校の校長。

あたしが、テープも持ってきたし、ぜひ、一度はレッスンさせて
下さいって言ったら、「もちろーっん、私もやりたい」っとノリノリ。

朝、チア(ネパールティ)とビスケット数枚を食べ
いざ出陣(笑)

生徒さんは、日本語を勉強してる学生さん(年齢は様々です)。
なぜか?男性ばかり(笑)
dance1
いやー、最高おもしろかったですよ。あたしのアドリブもなかなか。

生徒さんもすごく興味を持ってくれたみたいで、午後になったら
またやりましょーうという声多数。

そう言われたらやりましょうと、勢いのあるあたし。

・・・が、再び午後4時。ジーンズでやることに。

生徒さんはまたしても男性ばかり(笑)
2009 3 012

みんな、いい汗をかいたようだ。
2009 3 033
あたしも、いい感じだ。おもろすぎる。
だって、右手・右足一緒に動いて歩くんだもの。
普段運動する機会がないからそうなっちゃうのかなーーー。

レッスンを終えて、チアを飲みに上がったら
ネパール人のお友達バビィーちゃんが、「あれ?」って指さす。

あたし 「え?なに?」

バビィちゃん 「ズボンのファスナーあいてるよ」(笑)

あたし・バビィちゃん・・・・大爆笑♪

スクワットとかやったからかしらーーー?

自然と、勝手に、OPENしたみたいねぇ(笑)さいさい。

あたし 「ま、みんな動きに夢中で見てないでしょ。」

アルナ 「時々 見てたかもよーーー。」

一同   大爆笑♪

ナマステー♪

2009.03.25 19:39|私の日常
皆さん、ナマステ♪

39度の熱も一晩寝たら下がってました。
っていうか、気合いで下げました(え?どうやって?!笑)
きっと、疲れからきたのでしょうねーーー。
がしかし、コリアンエアー、寒かった。
今度は、ブランケット3枚借りるぜ。(笑)

日本に帰ってきて、いや、秋田に戻って、
また冬が戻ってきているので、「おぃおぃ・・・早く、春よ来い」です。

それにしても、
ビッグカッポーの離婚、WBCと話題には事欠きませんね。
イチロー、彼はやっぱりスターだね。
ま、輝いているスターほど、見えないところでの努力もすごいだろうな。
侍JAPANおめでとうございまーす。

あ、
タオ的意見ですけど、愛して結婚した女ひとり幸せに出来ない男ってのは
ほんとうにみっともなく最低・最悪だなっと。

自分に必ず返ってくるんですけどもね、彼は、そこにまだ気がついていない。
人生、ちゃんとつじつまが合うように出来てるんです。
ただ、それだけのこと。人を不幸にした人は・・・、ね。無責任って駄目ですね。

世の中で、なんだかんだ言い訳つけて、不倫してる人たち。
必ず自分に返ってきますからねーーー。覚悟した方がいいっすよ。
「だって、好きになってしまった」とか、「奥さんより前に出会っていたら」とか
そんなこと、まったく
関係ないですから。

世の中もっと見渡してみたら?!
もっともっと、まともな人間関係を築ける相手がたくさんいるのに。

変な執着は早く捨て去った方が幸せだけどもねーーー。
奥さんがいても、あなたと不倫するんだから、あなたが奥さんになっても
また誰かと不倫する男ですよー、そいつは。
逆バージョンだって、最近多いでしょ。残念な世の中です。
暇だから、色ボケしちまってるんでしょう。

っていうか、恋愛だけが人生じゃないっすからねーーー。

そこに気がつかないで苦労しすぎてる人をたくさん見てるので
かなーりクールです、タオ(笑)そして、はっきりいいます。

「そんなのは恋愛とはいわん。やめな。」ってね。

ま、いいかーーー、やりたいようにやれば、いつか気がつくでしょ。

っと、離婚問題・WBCの話題に触れてきましたが・・・・。

旅のこと、書きたいことが、本当たくさんあるんですよ。
今回は、タイよりも、途上国ネパールで色々感じてきました。

ぜひ、皆さんにやってもらいたいことがあるんです。

それは、キャンドルナイトで夜を過ごすということ。

1週間のうち、せめて1日は、なるべく仕事も早めに終えて、
ご飯も早い時間に終える。

お風呂の時間から、どうぞキャンドルを使ってください。
部屋にある電化製品は、使わない。
火の扱いには注意してくださいね。つけたまま寝ないでねーー。

それは、素敵ですよ。

何をするわけでもないですが、何もしない時間って
忙しすぎる日本人に必要な時間なんじゃないですかね?!

タオ、ネパールでは、早寝早起き、完璧でした。

首都カトマンズから車で1時間半くらいのところに
ドゥリケルという町に1泊で出掛けて来ましたけれども、
早朝、鳥の歌声で目が覚めました。

一緒に出掛けて隣の部屋にいたネパール人夫婦は
聞かなかったというけど、ね。

あたしの耳には、しっかりと鳥の歌声が♪最高でしたね。

現在、ネパールでは、計画停電が行われていて、
例えば、今日は朝4時からお昼まで電気くるわ。
けど、明日は、午後4時から夜12時までだわ・・・など。
日によって電気が来る時間が違います。
だから、電気がなきゃやってられない商売の人たちは
大変ですね。
ネットカフェなんて、ほぼ機能しておりませんでした。
いついっても、「あ、電気ない。」でした。(笑)
だから、こちらも諦めた。しゃーないっしょ、ってね。
だって、ないもんはないんですからね。

なので、ホテルとかでも時間になると、バンっと電気がなくなります。
(大きなホテルとかだと自家発電に切り替えるところもあるけど限界あります)

1日観光やら何やらをしてきて、身体も疲れてるし、埃がすごいので
寝る前に、シャワーとか浴びたいんですけどーーーっと思っても。
ネパールの夜は、結構冷えるので、日本みたく熱いホットシャワーじゃない限り、
風邪をひく恐れがあるのですよ・・・。

だから、身体を拭くだけにして、翌朝のシャワーにかける。
がしかし、必ずしもホットシャワーが出るとは限らないので、
冷たい水で髪を洗ったこともある。修行だ。(笑)

ある朝は、バケツ2杯にお湯をもらって大事に使った。

あたし、こんな風に資源を大切に使ったことがあっただろうか。

お水、電気があるから沸くお湯。

不便さを味わうことで、大切なことがまた少し見えてきた、そんな感じ。

無事帰国。

2009.03.23 14:21|私の日常
ネパールから、無事に帰国しています、タオです。

・・・が、帰国直後から、いぇいぇ、帰国の機内から気温差が
激しく、寒気に襲われ、最悪のフライトでした。

実家に戻り熱をはかると39度超えーーーーー。
久しぶりのK点越えですね(苦笑)
いまだに、お粥生活でございます。

が、明日から仕事。
ようやく復活してきたのでPCを開きました。

今回のネパールの旅は、素晴らしく良かった。

確かに、毎日の停電、お湯は出ない、お風呂入れない、
寒くて寝れない、などなど、旅行をする上では条件的には
あまりよくない条件だったと思うけども、

そんなこと、どうでもいいやーーーっと心底思えたんです。

タイが都会に見えました・・・・。

まずは、無事帰国していますよっのブログUPです。




ネパールいますよ!!

2009.03.17 21:19|私の日常
みなさん、こんばんわ?かな。

こちらは、今日も停電時間が長くてなかなか大変ですが
とても楽しく過ごしています。

カトマンズに入って3日目、昨日は、ドゥリケルという町に
行きました。
首都カトマンズからは、東に行きます。

まずは、毎日楽しく、ネパール人、インド人、チベット人たちと
仲良くしています。

取り急ぎ元気でやってますよーーーのお知らせまで。

嵐の前。

2009.03.13 15:33|私の日常
なんだか、今日から明日にかけて 暴風雨!雪!

っと天気予報では言ってる。

ま、まじっすかーーーー。

祈りましょう。

皆さんで。

祈りましょう。

タオちゃん(私)が無事に飛び立てますように!!(笑)

あ、まだ準備してましぇーん。

といいつつ、あまり心配もしてましぇーん。

とにかくVISA申請に必要な写真だけは、とりにいかなくては。

え?まだそれも用意してないの?っと言われちゃいそうな・・・

はい、三十路にして、ギリギリガールズです。(笑)

ネパールでは、前にも書きましたが

20時間ほど停電になってるそうです、1日24時間のうち。

なので、ネットカフェがどんな感じで動いてるかわからないので

ブログアップ出来たら、アップします。

それでは、いってきあーす!!!

シンクロ。

2009.03.11 15:25|私の日常
不思議なことって、毎日の中にありますよね。

あたし、シンクロすることが多いんですよねー。

シンクロ=共時性。

例えば・・・・

あたしが、 「あーチョコ食べたい」っと思うと
お客様が、「これ、食べて」っとチョコをくださる。
ひょー。それも、ホワイトチョコをイメージしてると
本当にホワイトチョコだったりするんですよーーーー。

あたしが、「あー、こんなこと、あんなことやってみたいけど
どうしたらいいものかなぁーーー」っと思うと
「あ、あたしのおじさん、それやってますよ」っという知人に会う。
もしくは、「あ、知り合いでそういうことやってる人いますよ」っと
いう人に出会う。

あたしが、「あー、あのこ最近連絡とってないけど元気かな」っと
思うと、
そのあの子から、いきなりメールや電話がかかってくる。

あたしが、「あー、あいつに会いたくないー」っと思うと
街でばったり出くわす。(苦笑)

っと。摩訶不思議なシンクロニシティ♪

あたしの触覚は、どこかで察知してるのだろうか?(笑)

そろそろ。

2009.03.10 17:34|
そろそろ旅支度をはじめようと思う。
って、きっと前日の夜に慌ただしく荷物を詰めるのである。(笑)

とはいえ、特にバタバタ荷造りするわけでもないので
普段のまま、飛び立つのだろうな~と思う。

とにかく身軽に。

十分に役目を果たしたよね!っと思われる衣服を持つ。(笑)
もったいない精神はどこへいったんじゃ?っと
思われる方もいるかもしれないけど、あたしは、
すでに、たくさん物を持ちすぎてるので、手放してくるのである。

旅に出るというのは、そういうことである。
心だって、なにか とらわれているものがあれば、手放してくるのである。

執着からの解放。

これこそがーーーー旅。

旅とは、そういう感覚なのである。

そしてそして
ものを大切にする気持ち、そして多くの物を持たないようにするという気持ちが
大事なんだと、あたしは思う。

あたし、物欲がめちゃくちゃ・・・ない。
2003年、タイへ飛んでから・・・・ほんとに物欲なくなった。
不思議なくらい。

あたしの大事なもの、「健康」だったり、「信頼関係を築いていける人間関係」。

男女問わず、年齢問わず。

みなさんは、何が大事ですか?

春夏秋冬。

2009.03.08 15:43|私の日常
来週はネパールにいる。

楽しみぃーーーー!

ちょっとだけ心配なことがある。

3月のネパールは、1日の中で春夏秋冬があるという。

カトマンズ盆地の気温の差は、半端ないみたいだ。

なので、持って行く洋服選びがむずい・・・。

タイだとTシャツにタイパンでOK、OK。

だから、荷物も少なめ。

ま、いつものようにバックパックで荷物少なめで出掛けよう♪

あ、なんと、ネパール、1日24時間のうち、20時間停電だそうです。

ははははははー。




内もも強化。

2009.03.07 12:22|私の日常
ここ最近、お肉のたるみが、ますます気になってきました。
そしてそして、太ももの後ろにセルライト兄弟が・・・・(笑)

っというか、最近のことじゃないんですけどもね(苦笑)

着やせするので、しまいに、顔にあまり肉がつかないので
(これがいいのか悪いのかわからんが・・・)

お客様&友達からは、
「痩せる必要ないでしょ~」っと言われます。

いやいや、皆さん。

すごいんですよ。。。。

こないだ久しぶりに市立体育館でレッスンをしたんです。
市立体育館の多目的ホールには、鏡があるんです。

正面からも、横からも自分の動き、身体のラインがチェック出来ます。

ま、まじっすかーーーー。

これが、あたし、自分を見た感想。

や、やべっすべーーーーー。

というわけで、筋トレ始めました。

腹筋、腕立て、スクワット&内ももにタオルを挟んで歯を磨く。

このタオルを挟んで歯を磨く!

この内ももちゃんを鍛えることにより、ヒップアップ効果。
O脚を防ぐ。
そしてそして~、姿勢美人へ!!

人生諦めちゃいかん。

頑張りましょうーーーー!!!


体質を知る。

2009.03.06 23:31|私の日常
ネパールの首都カトマンズでは、チベット医学や
インドのアーユルヴェーダなどのケアセンターがあるようだ。

あたし、なぜか昔から、めちゃくちゃ興味あるんです。

アーユルヴェーダでは、タイプ的に「風」の気質が強いんです、あたし。
ヴァータタイプなんです。

体調がよくない時は、ヴァータがアンバランスになっているので
ヴァータのバランスを整えるようにします。
たとえば、しょうが湯を飲んだり、身体を冷やさないようにしたり、
(食べ物や衣類)などなど。
今度詳しく書いてみますね。

漢方でもそうですけど、その人の体質を見極めるって
すごく重要なんですよね。

そういったことをアーユルヴェーダ、チベット医学、漢方などでは
勉強出来るので、とても楽しいのです。
人間の身体って、本当に神秘的です♪

だからー、ネパール行ったら、必ずケアセンターに行って
脈診とってもらって、あたしの体質とか診てもらいたいんです。

がしかし、そこで心配事が・・・・!!

言葉の壁です。

チベット語や、ネパール語しか話さなかったら、アウトじゃないっすか?

英語だったら、なんとか頑張れそうですけど、現地語だったら
間違いなく・・・アウトですよね?!

頼む~、神様。

それだけが心配なあたし(笑)

臨時休業。

2009.03.06 12:58|私の日常
3月14日~23日

ネパール滞在にてタイ古式ケア Ta-oを臨時休業させて

いただきます。

お客様の皆様にはご迷惑をおかけしますが

よろしくお願いいたします。

タイでのお盆。

2009.03.06 12:20|
昨年、タイでお正月にあたる4月に、タイへいた私。

仲良しのピーナーンおばちゃんに誘われて原付に乗せてもらう。
2008 thailand 039
お盆の中、ピーナーンは、私を連れて法要へ。

彼女の家の共同駐車場には、こんなデカイ果物がなっていた。すげ~、南国♪

さて、あの日は、今までに行った時期よりも、暑くて暑くて大変だった。

朝からグングン気温が上がり続けているのにもかかわらず
外で、お祈りが始まった。

下の写真は、まさに宇宙との交信。(笑)
2008 thailand 065
なぜかしら?天井から白い糸がぶらさがっていて
法要に来た人たちは、座るや否や、そのぶらさがってる白い糸を
自身の頭に巻き付けた。

私の頭にもしっかりと白い糸が巻かれていた。
ピーナーンおばちゃん、手際がいいんだわ(笑)

何人ものお坊さんがお経をあげていたが、隣では平気で
携帯電話が鳴り響く。

なんとも言えない雰囲気の中、
あまりの暑さに耐えかねて私はギブアップした。

あの白い糸は、何と繋がるのだろう?

いまだに不思議な光景だ。

それにしても。

2009.03.04 18:59|私の日常
2004年 8月にタイへ1ヶ月いた時に起こった出来事を

ヤフーブログから、一気にコピペしてみましたが、

5年前に書いた記事に思わず苦笑いでございました~♪

がしかし、忘れていたことを思い出すことが出来て、いい機会にもなったかな。

日記って、いいですね。(水野タオ朗)笑 

2004 タイ⑨

2009.03.04 18:51|私の日常
カオサンでは、結構日本人を目にするんだけどなかなかお友達にはなりにくいのかなぁって
思ってたわけ。そんな思いこみは一瞬のうちに崩れ去ってさ、結構お友達が出来ました。
毎晩のように新しいメンバーと飲んでたあたしとあぁちゃんでした。

某有名大学に通ってるともくんや、大学院生のみぃちゃんに会ったのもその時期です。

あぁちゃんとともくんとあたしはB型。みぃちゃんはAB型という、これまた貴重なメンバーでした。

それぞれ、目的も違うんだけど話しがあったなぁ。

日本にいても決して知り合えない人達と、タイで知り合ってお酒を酌み交わす。
不思議な時間だった。

けれど、きっとこの人達とは出会う運命だったんだろうなぁって ね。
だから あたしは出会えた人すべてに縁があるんだ
と思って大切にしたいって思うのです。はい!

タイ日記も終盤にさしかかってきました。
ワットポーでの授業を終え、テストもなんとか合格できて、ほっと一息。頑張った!!

明日からは今回の旅のメイン?店と同じ名前の島に行く予定なのです。
という訳で今日の深夜日本から、友人のりみとぶんぶんがバンコクにやってきます。
二人は、とっても興奮している様子。
そうだよねぇ・・いつも添乗員がいるツアーで海外に来てたのが、二人っきりなんだもん。

心配だし、興奮するわな(笑)地元を発つ前からタオ島でのホテルを早々に予約したり、
切符を手配したり、、、それはそれは用意周到な旅だなって思ってました。
あたしは、結構いきあたりばっちりで行動しちゃってたからね。
きっと、それが不安だったんだと思います、はい。(苦笑)

そういや昨年の荷造りは前の日の夜だったので、りみや亜紀子に すごく驚かれ、
そして叱られたのよ。

「ありえねぇぇぇぇぇ~」ってね。うふ。

二人に会うべく、あたしは空港へタクシーで迎えにいきました。わくわくドキドキ。だって
久しぶりに会えるんだもんねぇ、仲良しな友達に。

空港出たら、右に曲がって!と国際電話で話していたので、迷うことなく会えました。
案の定二人は興奮してて、やたらと声がでかい!
旅の途中二人に何度か、このうるさいあたしが「ちょっと声デカイ!」と注意したのは 
いうまでもありません(本当よ~)

さぁ、ホテルで1泊したら、明日はもうタオ島だ!
すごく楽しみ。なんだか自分のルーツに立ち返れるそんな気がして 
爆睡したギャル三人でした(笑)

翌朝 早くにバンコクからサムイ島へ飛びました。

80人くらいしか乗れないくらいの小さな飛行機だったので、ちょっと緊張したよ。

目下に広がる綺麗な海を見ていたら へっちゃらになったけれどもね。

サムイ島から、今度は船でタオ島へ。。。
疲れがたまってたので、酔うところでした(苦笑)

乗客はヨーロッパ系が沢山!それだけで、もう興奮気味なんだけどね~。うふ。

船で揺られること二時間半くらいかな。とうとう見えてきました、タオ島。

船着場には 客引きのタイ人がひしめき合っています。
いきなり 「どこ 泊まる?300バーツ行くよ」と。
「はぁ??300なんて、高すぎる。いらない、うちらは歩いて行くから」と、強気。

けど、りみやぶんぶんの荷物がキャスター付スーツケースだったので、綺麗に舗装されてない
タオ島を歩くのは困難だったのです。

そっからは、値切りスタートよ。まず、話しかけて来た連中には目もくれず、
一人の男の人に声をかけました。

その人は、親切そして丁寧。料金だって、半額以下だったし。

(※タイでは、笑顔で話しかけてくる人は怪しんだ方が無難です。
こんな風に思うのは、本当に嫌なんだけど、けど自分を守る意味でも必要。)

タオ島で バンガローに泊まってたの。見晴らしもよくて、南の島のフローネ状態。わぉ!
海までは歩いて5分ですわよぉ。

あたし、タイでの食事は全く問題なくて毎年2キロくらいは体重が増えて帰国しちゃう
くらい(苦笑)心配していた りみも、ぶんぶんも「おいしぃ~」って言いながら、おいしそうに
食べてました。あたしとりみは、お昼からBeerいっちゃうこともあってね(笑)、ほんとのんびり
していました。

2日目、午後2時からタイ式マッサージを予約していたんだけど、
朝からかなりいい天気。
でた~!あたし、単独行動をしたくなりました。
マッサージはいつでも受けれるけど、
この綺麗な海には今しか潜れん!りみとぶんぶんに我がままを許してもらい
しまいに 船をチャーターすべく紛争しました。最初に1000バーツとか言われたけど、
値切って600バーツで契約。(それでも高いような気がする)

一人で小さな船を貸しきって潜りにいったのでした。

いや~、かなりいい!!(お店に写真ありますので見にきてくださいね)

2度と戻らない時間、最高な時間を過ごすことが出来ました。船頭の親父とも
仲良くなって、3回潜ったうち、最後は一緒に入りました。親父は茶色のブリーフで泳いで
いて、俺の後ろにカモーンって言ったけど、笑い過ぎちゃって駄目でした。
だから、隣で泳いだんだけどね。ほんと、貴重だったわ~。

2泊3日のタオ島でのバカンスを終えて、船に乗る前にお世話になったバンガロー経営者や
ウェイター達にお別れを!

そして、タオ島から葉書を出そうと思ってたので、「モン」という男の子に郵送料と
チップを含んだお金と葉書を3枚渡しました。大切な人 3人に書いたのね。

けどね・・。
結局今も、その葉書は届いていません。モン!頼むよ。かなり、切ない気持ちが残って
いるよぉ。。。

タオ島での時間は、とても美しくて心がPureになりました。

同じく流れる時間、どうせ過ごすなら自分が気持ちよく過ごしたい。

人にどう思われても あたしはあたしらしく生きたい。恥ずかしいだけで 前に進めない
今の自分は少し駄目。

けど、これもあたしなんだよね。。。そこを受け入れてから前に進む。
なんか泣きたい。結局変わりたくても変われなかったのかなぁと弱気になる。
けど、これじゃいかんと 強気になる。
どれが、あたし?まだ少し考える。きっと考えるのが必要なのかもしれない。。。。

っと、こんな風に、のんびりとした場所に自分を置いて色々考えリフレッシュしようとして
いたのでした。2泊3日、ほんとあっという間過ぎのタオ島。
来年も絶対行きたい!!そう思っているあたしでした。

翌朝、バンコクへ戻りました。タオ島があまりにのんびりしていて
よかったので、人が多くてごった返しているバンコクは、過ごしづらい・・・。
りみもぶんぶんも、そう思ってたに違いない。

有名なワットポーに行ったり、エメラルド寺院に(王宮)行ったりと、ね。
エメラルド寺院に向かっている時に、雑誌とかに出てくる有名な詐欺師に出くわしました。
詐欺師は、「今日は王宮休み!」って。そんなことあるわけないのにね。(笑)

「カオ ジャイ レェーオ(分かりました)」って行って無視して歩いて行ったよ。

そうそう、ワットポーでは占いもしてきたよ。あたしは、外国人と結婚するって言われちゃい
ましたよぉ(笑)あと ボスになるって言われました。性格的に、すでにボスなんだけど。うふ。
あっと、あっという間に帰国日になりまして、、。

帰りの便 あたしの隣がタイの僧侶だったので驚きました。・・が、宗教的に僧侶は女性と
話しをするのも駄目なので、スチュワーデスに席を変わるように言われて。変わった隣が
ぶんぶんでした(驚き!)

2004年8月。1ヶ月間 日本を離れて、色んな気持ちを感じました。

正直、寂しくなって空を見上げた日もあったり。

でもでも、ちょっぴり自信もついて顔を上げて日本に帰れるぞ~!って感じ。

これで、タイ日記は今日で終了!最後まで つたない文章におつきあい頂き
ありがとうございました(*^_^*)ww

2004 タイ⑧

2009.03.04 18:43|
じんましんがすごくて、結局完治するまで三日もかかりました。

翌朝、フライトするってのに、あたしの顔はひどい状態。だって、頭にまでじんましんが
出てたのですから。あ~最悪。

けど、そんなブルーな気持ちをホテルのスタッフが払拭してくれました。
お休みだと言うのにわざわざ見送りにくてくれたパッサワン!(女性)
なんと、お土産まで頂いてしまったのでした。

今はお店の チベッタンベルをいれるケースとして存在しています。どうもありがとう☆

気持ちも新たに、無事にバンコクへ戻り今日から宿泊するゲストハウスを
探すことにしたのでした。

ちょっと憧れてた外国人バックパッカー風にして、欧米文化の強い・そして欧米人の多くいる
カオサン通りに宿泊を決めました。

すげぇぇぇぇ~、人・人・人!圧倒されました。
眠らない街って、こういう事なんだべなぁって思った。

明後日から通うワット・ポーには歩いて行けるし、なんだか楽しめそう・・。

けど、まじで騒がしすぎて寝れない!

パワーの有り余る街に影響されすぎないように注意して頑張ろう。と心に決めたわ。

翌日、タイへきて二週間が過ぎて。日曜日だったので、ゆっくり寝てましたの。

そしたら、滅多に鳴らないはずの国際携帯電話が鳴ってるではありませぬかぁぁぁ!誰だ?

「はろ~」「もしもし、あずさです。覚えてくれていますか??」

「あ~、あぁちゃん!元気?」

ってな訳で、タイに着いて一番最初に知り合いになった、
あの日本人の女の子からの嬉しい電話だったの。
彼女はアンコールワットとか一人で行って来てて、タイミングよく同じカオサンにいる事が
判明!!早速シャワーを浴びて会うことにしました。

久しぶりに会ったあぁちゃんは、一段と日焼けをしつつ、すこぶる輝いた目をしていたのでした。
(すごいじゃ~ん、この子!)って思ってました。それから、あぁちゃんが帰国するまで
あたしとほぼ毎日飲んでいたのは、いうまでもありませんえん(寒い?笑)

翌日 ワットポー上級コースへ通い始めました。
昨年習った、ソンホーン アーチャン(アーチャンっていうのはタイ語で先生っていう意味ね)!
40才を迎えたってのに、今年の5月に女児を出産してたことが判って、「さすがぁぁぁ~」
と、再会と同時に喜びました。あたしのことを覚えてくれていて、
甲高い声で名前を呼んでくれてね。

ほんと、感激しました。上級コースは、校舎が違っていて、なんか緊張したけど一人怪しげな
日本人もいるから、まぁ頑張るかなぁっ。

そうそう、その日本人に第一印象悪いって言われたの。「ヤンキーかと思った」と
言われて、正直「あぁ?!こらぁ」と思ったものです。(笑)
初めて会う人に、ヤンキーとは
なんだ、てめぇ!ってな訳です(笑)まさに、ヤンキー!

ニューヨークで医学の勉強をしてきた人らしく英語もぺらぺらなのね。おぬしやるのぉ!
前途多難な上級コーススタートだわ♪

上級コースは思ったより難しくて
つぼをよく忘れてしまう。。。毎晩お酒を飲んでるせいか?(笑)

なんちゃってぇ~っ☆朝は7時半過ぎにゲストハウスを出て
徒歩で30分くらいかな、学校行く前に屋台でいつもお粥を食べてましたの。
生姜たっぷりで、とっても元気になるお粥。

ここでは、ぼったくられなかったんだけど学校近くの屋台で、タイ人と同じ料理を食べて
いたのにもかかわらず、10バーツ上乗せの値段を言われたの。「は??」「25バーツ
じゃないの?」店主の女(こいつの顔忘れん!)「35バーツ」(ニコニコ)「は??怒」
内心(先に値段を聞いてから注文せばいがった)と思ったけど、時すでに遅し。
だって、お腹の中に入ってるんですもの(苦笑)。

仕方なく 払ったけど おもしろくなくってソンホーンアーチャンに聞いてみた。

「どうして、日本人とタイ人では値段が違うの?」って。

アーチャン「タイ人、貧しい。日本人お金あります。仕方ない・・・」ってね。

ん~。。。納得いかないけど、いたし方ない話しなのかぁ?まずしけりゃ何でもあり
ってなことでもないじゃん?!アーチャンは、「もうそこでは食べないでおきなさい」って
言ってたけど。。。さ。

ちょっぴり悲しい気持ちで過ごした一日でした。

2004 タイ⑦

2009.03.04 18:40|私の日常
なんか、思いで日記・・あいのり風になってきたと思うんだけど(笑)

2004年8月10日(火)チャンとは、ちゃんと心から
仲直りをして、放課後一緒に空港近くのデパートまで行ってきました。

タイでミスドを食べて(さすが、タイらしく着色料が、
ふんだんに使われてたけど、味はGoodよ)

なぜか、タイ人のチャンはご馳走してくれて。
いつも、悪いなぁって思いながら、たっぷり頂きました。

夕食は、あたしが泊まってた安ホテルの目の前の屋台でチャーハンを食べたんだけど、
仲良しな屋台のおっちゃんやおばちゃんは、はんぱじゃない量のご飯を出して来ました。

すると、なにやら、おっちゃんは、チャンに「イープンフェーン?」っと。

日本人の恋人か?って聞いてるわけなんだけど、チャンは、なぜか顔を赤くして
「マイ チャ~イ」(違います)とあたしは、またモリモリ食べてたんだけど、チャンに
いきなり「I miss you」って言われたもんだからむせ返る、むせ返る。

「は?えっ?(赤面)」あたしってば、単純明快なわけで。
その後、質問攻めにあって日本での自分の行動を反省したのでした(苦笑)

「どうして一人ですか」

「一人寂しくないですか」

「わたし あなた 素敵と思います」って。

ん・・・・・考えるわ。

そして、手相を見れるというチャンに手相を見てもらってたら、

「借金しないこと、あまり遠くに旅に行きすぎないように」って言わてね。

手相を見終わっていたのにもかかわらず、その後も手をずっと握られていました。

「日本帰ってから、会いたい」と言われたけどん・・・。
いいお友達でいて欲しいなって感じ。

チャン、こんなあたしを好きになってくれて、どうもありがとう。
あの時、言えなかったから・・・さ。

試験が終わったその日、チェンマイでお友達になった りぃちゃんと、そして
ちょっと苦手なおじさんと夜食事に行く約束をしてて。

おじさんから、前から何回も「河えびのおいしいお店を知ってるんだけど!」って
言われてたんだけど、なんか嫌な感じがしてたから
断って違うの食べてたのでした。

そしたら案の定今回も河えび行こう!って。りぃちゃんも、おじさんの友達もオッケイって
言うし。。仕方ない、覚悟決めて食べました。

一口食べたら・・・・  「うっ・・泥臭い・・・・」。

食事中から変に体がほてってきて、かゆい。
もしかして、えびにあたってしまったのぉぉぉって思ってました。

ご飯食べてすぐに男性人とは別れて、りぃちゃんと二人で買い物してたんだけど、
かゆみは増すばかり。
なんか、おかしい・・・・。明日はバンコクへフライトなのに!(涙)

ホテルに戻ってから、ものすごいかゆみに襲われて半分泣きそうになりながら、
学校の隣の病院で知り合ったおばちゃん(ピーナン)に電話して。

深夜12時を過ぎてて、寝てたところを起こして
つたないタイ語で「アレルギーかもしれないから病院に行きたい!」って伝えて。

ピーナンはバイクで駆け付けてくれた。

会った瞬間から、泣きそうだったけど我慢してバイクの後ろに乗って病院へ。
ピーナンの背中とっても暖かくて、ジーンときてた。

どこの馬の骨だかわからない日本人に、ここまで優しくしてくれて。

結局えびにあたったと判明して、薬をもらって帰宅。
全身に薬を塗ってもらったりして、本当にありがたかった。

旅をすると、人の暖かさに触れることができる。
けど、今回だけは、まじで切なくって悲しかったんだけどね(苦笑)

っと、8月11日 か12日にタイの王妃の誕生日でチェンマイで一番の繁華街の
ターぺー門では、様々な催し物があったり、パレードがあったり。。。

誰かと見に行くのがなんか面倒くさくて、一人で歩いてターぺー門まできちゃいました。

以前日本人らしい坊主の男子を発見したんだけど、
話しかけるまもなく彼がどっかに行ったんで、「ありゃ」と思っていたのね。
そしたら、偶然にも坊主発見!

あたし、勇気あるんですね・・・。話しかけて一緒にご飯食べました。20歳の学生で、
かなりのヘビースモーカーだったです。

あたしと一緒にいた2時間近くで10本以上は吸ってたかな。店の外で食べてたんだけど、
急に雨が強く降ってきて、そしたらあっという間に水たまりが出来てて、勢いよく走り
さる車に思いっきり泥水をかけられたのです。

隣にいたカップルらしき白人達は、もろに(もろ なんて懐かしい響き)かけられて
映画のシーンのように「Oh my god!」言ってました。(笑)
あたしは、「まじがぁぁぁぁ!」ってね。もちろんです。

っと、坊主がゴーゴーバーに行きたいっていうから、連れて行って、あたしは
早々に帰宅したのでありました。明日からミャンマーに行くっていってた坊主君
鼻の下をのばしっぱなしで、タイ人女性の腰の動きに釘付けでした(笑)
もっち、タイ人ギャルがそばを離れなかったのは言うまでもありません・・狙われた坊主!

タイ日記、そういえば全くマッサージ修行のことには触れてなかった気がします(苦笑)

言い訳ですけど、あたしちゃんと毎日少し勉強してましたよ。
弁解してるわけじゃないですから!!

毎朝授業が始まる前に、先生・学生達がお祈りを捧げます。

施術をする前に唱えてもいいよと言われましたけど、ね。

始まりは、「オーナモ シーワゴー」から始まります。
タイ独特の発音なので何度も音程を間違えながらのお経です。いや呪文かな!

明日で最終日+英語でのテストだから、かなり勉強しなくてはならないんだけど、
帰りに友達のアリソンから「20:30~Last night partyやるからね。みんなと行こう」って。

英語は思った通りに、まだ話せないけど勢いで行くって返事をして。

16:00に学校が終わり、ホテルに戻って猛勉強して。

その後シャワー浴びてパーティに行ってきました。怪しい感じのお店が
また異国っぽくて、かっちょいい~!って感激。

周りのお客も、ほぼ白人だらけで、わぉ~!ってかなり興奮。日本では、みんなが色んなものを
頼んでみんなでつまむけど、外国人は違うのね。

自分のものは自分が頼む。
お金も割り勘ってのがないんです。はっきりしてていいなぁ~と思いつつ、
色んなものを少しづつ食べて飲みたいあたしには物足りない感じもありました。

普段はあまり話さなかったオーストリア人のエリザベスと話がはずんじゃってね。
もち恋の話でね(笑)4年間片思いしてるって知ってすごいねぇ・・・お互い頑張ろうね!!って
酔っぱらいながらも誓った二人でした。今でもたまにメールをやりとりしてる仲。

あたしは、ホテルに戻って、やっぱ英語をもっと話せるようになって、
色々自分の気持ちを伝えていきたいなぁって思ったのでした。

あ~、明日はテストじゃ!!気合い!

試験日、朝からみんな緊張気味で、どこの国でもテストの時はみんなシリアスなんだ
なぁって、思ってた冷静なあたし。

苦手なおじさんが、隣の席に座ってきたもんだから、なんかイヤだなぁ・・・って。

しまいに、カンニングペーパーを昨晩作っていたと自慢気に話す!あ~いらつく。

こいつ馬鹿だね~と思いつつ、絶対そんな事イヤだから、もう目を合わせないで、口もきか
ないで試験に臨みました。案の定、おじさんの他にも不正をしてた外国人やタイ人がいた
けれど、人は人。けれど、試験中独り言をブツブツ言っては、「う~ん」とか言ってた
あの親父には、まじで切れそうになった。

しっかり勉強してたので、全く問題なく合格できたので、まずは良かった。
試験後、毎朝みんなでお経をあげてる場所で修了書の授受がありました。なんだか、感慨
深くて、一人で涙ほろほろ・・・。

今日で、みんなとお別れかぁ・・・って思ったら出会えたことに感激してしまい、そして一人で
頑張れたことに感極まり。泣き出してしまいました。フランス人のナディアやイタリア人の
ジュリアと抱きしめあったら、力が抜けてしまい涙があふれて止まらなかった。そしたら、陽気な
ナディアの彼氏イズラエルが、「Hey Don't cry.Don't cry!!」って。うんうん。
嬉しい涙は もっと明るくいかなくっちゃ。

涙を拭いて、あたしは2週間共に過ごした各国のお友達みんなとお別れしたのでした。

2004 タイ⑥

2009.03.04 18:32|
とある日、学校がお休みだったのでチェンマイ郊外でのトレッキングツアー
に行ってきました。1日で日本円で約2100円。お昼ご飯付でした。

市内から車で1時間走ると、もう何もない。

山。山。です。山岳民族のモン族・カレン族に出会って(1時間ぐらい山歩きをした・・・)

象に乗って、ご飯食べて、イカダで河くだり。というツアーでした。学校で一緒のおじさんと
イスラエル人カップルとスペインカップルと、カナダ人の7人で周りました。

山歩きはかなり苦しかったけど、エアロビのおかげかな。。。
あたし、一番元気だった!イェイ。

途中で村を訪れた時、5~6才くらいの女の子が裸足でブレスレットを売りに来ました。

あたし、ひとつ購入したの。もう一人4~5才くらいの男の子も売りにきたんだけど、
買わなかった。

帰り際、写真撮ろうって二人に言ったら、男の子は手を出して「10バーツ!」って。

なんだか、すごく悲しくなりました。そこの村で干されていた洗濯物といえば、ぼろぼろ・・・。

あぁぁぁぁ。その村をあとにして滝を見に行ったんだけど、
滝に向かう間、一人 歩きながら涙してしまいました。

なんだろ、同じ時代に生きていて、あたしはタイに旅行に来るだけのお金があって、
日本で不自由なく生活できていて。

それだけで幸せなのに、それ以上にもっと幸せになりたいと思ってる。

そんな欲深い自分が恥ずかしくて情けなく感じて。そしてその村の人たちをとても
哀れに感じてしまって。。。

本当はそれでも幸せかもしれないのに、なんだかわからないよぉ。。。
ほんと、色んな気持ちが重なって涙してしまいました。滝では、みんなはしゃいで
遊んでいたけど、遊ぶ気にならなかった。

トレッキングツアーを終え、夕方5時にはホテルに戻りました。

前日に、タイ人男性のチャンが
「明日 わたしの家 パーティやります」
あたし「あたしも、行きたい~っ!」

チャン「だいじょぶ 皆タイ人。いいよ、明日7時にホテル 前 私 迎えきます。」って。

あたしは、イカダ下りで全身びしょぬれだったので早速シャワーを浴びて、準備して。

ぎりぎり間に合いました。

7時・来ない。7時15分・来ない。7時半・来ない。

あたし、、だんだん。不安、そして怒る(笑)
そ~いや、携帯聞いてたから電話してみるか。

プルプル・・・チャン「ハロー(タイ人は皆なぜかハローと言う。タイ語での挨拶
サワッディ カーといえばいいのにと思ってたけどね(笑))」

あたし「もう7時過ぎたけど、どこいるの?(タイ語でね)」

チャン「え~、あ~。すいません。今 どこいる?」

あたし「はっ?」
チャン「今から 行きます。20分待てください」

あたし「は?(そろそろ、切れるモード)約束覚えてないの?」
チャン「あ え~ 覚えています・・・ごめんなさい・・・あ・・」

あたし「いいよ、無理しなくってもいいから。できない約束ならはじめからしないでよ。」
チャン「ごめんなさい。待て。今 行くから・・・」

あたし「チャン マイ パイ!(怒)」(直訳 私行かない!)
久しぶりに 切れた☆ってか、相手・・日本人じゃないですから(笑)

翌日 昨日ちょっと喧嘩したチャンとは、学校が一緒だから会った時、どうしようかと
思ってたの。あたし、短気だから(しまいに顔に出るし・・・)
案の定、今朝チャンはクラスの入り口で申し訳なさそうに立って待ってたようでした。

ん・・・。
あたしは、チャンに「マイペンライ」(タイ語で気にしなくていいよ、大丈夫って
いう意味ですね)って伝えたけど。
なんだかあたしって心が狭いのかなぁって感じて。
たった20分待てない自分が、嫌になったなぁ。

放課後はドイステープに行ってきました。
高台にあるのでチェンマイの街を一望出来るんです。

途中、タイの王様が避暑地で訪れると言われてる場所を通過して行きました。
空が近くて、すごく気持ちがよかった。
ふっと、日本を思い出しました。

今いるところは違うけど、見上げる空は一緒だよなぁって、きざな事を考えていました。

家族や友達、当時片思いしてた彼の事を思い出し空を眺めていました。

「今生きてる時、もう2度と戻らない時間。どんな風に過ごしたら満足いくのかな。
出会う人すべてに感謝をして、喜び、生きていけたら、きっとevery days happy」

2004 タイ⑤

2009.03.04 18:10|
学校も4日目。
だいぶ違和感なくとけこんできたかな。言葉は、タイ語も
大切だけど英語、すごく大切。だいたいの意味はわかっていても細かい部分は
わからないし。
けど、あたしは人が好きだからやっぱりつたない英語でも自分から話しかけ
ちゃうんだもーん(笑)

お昼休み、学食みたいなところで食べるんだけど
ヨーロッパのヒーラーの方たちはベジタリアンが多くてね。驚いた。
だって、卵も食べないんだもん。まぁ、それは人それぞれだなぁってね。

食後、教室に戻るとイタリアからカップルで来てるニコロとジュリアがマッサージマットの上で
抱き合ってる光景を見ちゃいました。きゃ~☆

いいなぁ!!あたしも誰かいないかなぁ。(っているわけないじゃんねぇ・・・)なんか、
その光景を目の当たりにして、つくづく感じました。

「お互いを必要として愛しあってるんだなぁ」って。日本に帰ったら、地元に帰ったら、
情熱的に愛し合いたいなぁ~。。。願望

日は変わり、今日の授業は英語理解できて楽しかった。
マッサージパートナーはイギリスとイスラエルのハーフのフレッド(男性・2つ年下)
青い瞳の彼の眼差しにやられちゃった(笑)

放課後はチェンマイの繁華街ターぺー門まで徒歩で20分。
ネットをして次の店に移動したところでネット場に、命とも言える「指差しタイ語」
の本を忘れたことに気付いて、一目散で戻り(苦笑)

10秒間だけの青信号を渡ろうとしたら、バイクが突っ込んできて、「ちょっとぉ!怒!」っと
日本語で切れた。タイ人に睨まれても、睨み返してやった強気なあたし。

途中でマッサージを受けて、2時間400バーツ支払い、ナイトバザールへ、いざ出陣。
すげ~人!ってか、あたし一人・・・。寂しい。

けど、そんなこと忘れて、値切る値切る!かわいいピンクインカローズの石のペンダントップ
が、気になる!!欲しい。

けど、なんだか高く値段いってるんじゃないのぉ?お兄さん!って感じ。
彼は、英語で「タイ人には300バーツ、イープン(日本人)は750バーツ」と平気で言うわけ。

「けど、あなたには500バーツで売るよ!」ってね。冗談じゃねぇ~!

「いらない」といい立ち去るあたしに、お兄ちゃんは「わかった、もう少し安くする」と。
けど、時もうすでに遅し・・・あたしは振り返りもせず帰宅したのでありました。

兄ちゃん、覚えとけよぉ!!(笑)
ん~・・・。昨夜のピンクインカローズが気になって気になって、夜眠れた(笑)

実はこのあたりから部屋で幽霊らしきものを見るようになったあたし。
だから、いつもちょっと気にして見てから布団にもぐって爆睡してたのです。(怖)

学校では、カナダと日本のハーフライアン(男)ヨーガイントラのデフラとピアスの穴の数に
ついて話てて、なんとライアンは全身に9つ。

デフラは5つくらいかな。鼻穴にあるのよ、デフラ。ちょっとイケメンなライアンは、
乳首・舌・眉毛・へそ・あそこ(笑)などにホールを持ってることが判明。わぉぉぉぉ!

乳首は見せてもらったわよ(笑)そうそう、昼はタイ人のチャン(男)とランチを食べました。

(チャンは、お姉さんが日本人と結婚して東京に住んでる。
彼も日本で語学学校に通ってるので少しは日本語話す)
チャンが「あなたが、夜ひまならどこか案内しますけど、どこ行きたいですか?」 

あたし 「ワット クータオ(寺)に行きたい!」ということで、放課後はチャンのバイクの後ろに
乗っけてもらってお寺を見に行ったのでした。

屋台での夕食をチャンにご馳走してもらって・・・。車やバイク、人が行き返す街中で、いきなり
チャンが・・(笑)いきなり、手を握ってきた~~。

「こっち。そこは危ないです」と。

けっこう気持ち的に男前のあたしが、いきなり女になってしまいました。

旅先にて、どきっとすること多いけど今日はなんだか特別な感じがしたのね。(うふ)
タイ人彼氏の誕生か!?(笑)あるわけね~っ。ははは。

2004 タイ④

2009.03.04 18:06|
寝起きの超悪いあたしが、いつもより早く起きて準備して、朝食食べて
いざ初登校!いや~、道のりから緊張する。だって、歩いてるだけで
タイ人の熱い視線を感じるんだもん。

「あたしって、かわいい?」(笑)って錯覚するくらい、振り返ってまでも
あたしのことを凝視していくタイ人たち。

歩いて15分。学校では受付が始まっていてすべて英語での質問。
うぅぅぅ。気合だ。
クラスはタイ人クラスとフォーリナークラスに分かれていて、日本人はぁ。。。いた!

けど、なんか 苦手。

早速授業が始まるというので(英語だからなんとなくのニュアンスで)
階段を上がり外国人の方の後ろをおとなしめに歩いて(笑)

あたしは小さい耳を大きくして、小さい目を見開いて(笑)
真剣に授業を聞きはじめました。

なぜか、、、隣に座った日本人のおじさんは独り言のように話し掛けてきて。
うざかった。

休み時間、ますますうざかったのが、おじさんの自慢ネタ。

「僕は株で儲けたからベンツ2台くらい余裕で買える分のお金を持ってるんだよねぇ。」と。
やっぱ嫌なタイプの親父だ!けど、チェンマイのことは詳しいみたいだし優しくしてくれるし。

同じ日本人だし、ないがしろにはできん。
初登校にして、なんとも微妙な人間関係ができあがってしまいましたとさ。。。とほほ。

放課後、苦手なおじさんに何気なく「あ~、エアロビやって汗かきたいなぁ。。。」って言ったら
「僕の近くの体育館みたいなとこでやってるよ。連れて行ってあげるよぉ」と。

まっまじすか?!ってな訳で、急遽バイクの後ろにまたがってエアロビ会場へ。

こっこれからどんな体験ができるのぉぉぉ!!ってワクワクしながら時間を待ってたの。
そしたら、「あのぉ。。。日本の方ですか?」って。もちろん日本語で(笑)「え??はい」。

いきなり話し掛けるのは得意でも、話掛けられるのは、びっくりね(笑)あたしに話し掛けてきた
勇気あるその女の子は、「りなえちゃん」(後にとっても仲良くなって今ではメル友よん)という
関東から単身チェンマイのタイ語学校に通ってる女の子。

すげぇぇぇ~、かなり感動して話し込んでしまいました。・・・と。レッスンが始まり、
スタイルのいいお姉ちゃんがスタンバイ!スタート!ワンツーワンツー・・・・すげぇ音が早い。
しまいにリードをほとんどしない!「あたしを見て」クラスになっているではないか!(怒)

「あぁ、イラつく。や~めた☆」っとあたしは20分で止めちゃいました。
せっかく汗かきたかったのにいらいら汁が出ちゃって、少し気持ち悪かったので
その夜は、おじさんが誘ってくるゴーゴーバーとやらへ遊びに行こうと決めた(笑)
注意 ゴーゴーバーは普通 男性が遊びに行く場所

授業での英語にもだいぶ慣れてきてアメリカ人のお友達のデフラ(19歳のヨーガイン
ストラクター)と、休憩時間にはヨーガをやってた。体が硬いけど、気持ちはほぐれる。

最高☆9時から16時までの授業を無事に終えておじさんお勧めのドイツ料理のお店に
食事に行くことになった。
色んなウィンナーを食べて、もちろんBeerを飲みながらねん。
うまい。

会話も調子付いてきたおじさんが、「行きたいなら今日はゴーゴーバーに
連れて行ってあげるよぉ」

あたし「・・ん。待ってました。行っちゃいましょうか~笑」

初体験!タイのスタイルのいい女の子達がステージで踊り狂ってる。

それも本能の赴くまま・・腰だけふってんのぉ。見てるこっちが恥ずかしくなるよ。
腰にはナンバーがついていて、気に入った子がいれば指名して一緒にお酒飲んだり・・色々。
洋服を着ていればいいのに、水着でもなく。あれは、下着でしょ?
って格好で踊ってるのよ。好奇心で入店したけど帰ろうと思ってたその時!日本人の
男性2人組が入ってきました。20代前半だなぁ。。するとタイ人ギャルったら☆
いっせいに、日本人の前に集まり踊り狂う・踊り狂う!!すげぇぇぇぇぇぇ。

なんともいえない雰囲気に、ちょっとびびりながらあの2人組の彼らはどうしたのかなぁ?
と気持ちを残しつつホテルに帰ったのでありました。

「生きるっ」て実はなんでもあり??!!かなぁ・・・・、うぅん。

2004 タイ③

2009.03.04 18:03|
国内線で首都バンコクから北部のチェンマイへ飛行機でひとっとび!

約1時間半のフライトでした。

アラブ系の方たちが多かったのでちょっとびびりつつ。無事にチェンマイに到着。

とある方から紹介されたタイ人の男性ブンチャイが空港まで出迎えてくれていたのでした。
日本語の達者なその彼は、40才前の笑顔のさわやかなタイ人。
学校を決めたり、ホテルを決めたりする際いろんなアドバイスをくれてとても親切に
してくれました。

夕飯を一緒にということになって、屋台に行ったんだけど、途中でブンチャイの
瞑想仲間が合流したので男3人(信仰熱心な中年の方)、そしてあたしという、
なんとも不思議な感じの食事会となったのでした。チェンマイのトムヤンクンは、
バンコクで食べたのよりちょっと辛くてすっぱくて美味しかった★

食事の後、有名なお寺ワット・チェヨットに立ち寄り、ともに瞑想をしたのでした。
始めての瞑想でどんな風にしたらいいのか不安だったけど・・・。

目をつむって瞑想を始めて15分くらいかな。
目の前に青白い玉を発見。ゆらゆら揺れながら・・・。なんじゃ?

瞑想を終えて話したところ、それは自分の気だよと言われ二度びっくり。
勘がするどいね、と言われて、ますますびっくりでした。
(どこにいっても シックスセンスあると言われるんですぅ、あたし)

いよいよ明後日から学校だ!気合を入れなおした。
時差ぼけ?なーんて。タイは、日本より2時間遅いだけなのよね(笑)

翌日の日曜日は、一人で行動してみようと思い、まずは両替のある空港へ歩いて行って
みることにしたのでした。(空港は歩いて30分くらいだから、いい運動だと思って)
・・と向こうからバイクに乗った笑顔のタイ人男性が。

いきなり「あなたは、日本人ですか?英語話せますか?
私、あなたにお願いがあります。
私、ツアーガイドです。シンプルな英語を日本語に訳してもらえませんか?
私、変わりにバイクで案内します。」

と達者?な英語とタイ語で話してきた。

普通なら、無視するか、「無理無理」って断るだろうに、
あたし(ちょっと楽しいかも?あたし英語微妙だけどいいんだべがぁ・・・)って。
ということで、ノーヘルでバイクの後ろに
のって空港まで行き、その後はお寺を案内してもらったりと、ツアーガイドをしてもらった
のでした。(※ノーヘルは捕まります。。汗)

途中、その彼(名前忘れた)が
いきなり「私、あなたと結婚します。あなた 愛しています。私の部屋行きませんか?」と。

ありえねぇぇぇぇぇぇ~(笑)言ってやりました。

「そんな軽い告白初めてだし、君おかしいよ」ってね。約束どおり訳してあげて、
もちろん夕食前にさよならしたけどね。恐るべし、愛の告白?!(笑)

2004 タイ②

2009.03.04 18:00|
深夜にタイの首都バンコクに到着。

フロントでいきなりの早い英語の洗礼!「は?」なにいってんの?と
何度思ったことか。その度に、「パードゥン?」
を連呼する。ここで恥ずかしがっていては一人で明日チェンマイへ行けない!!
聞かぬは一生の恥よぉ~。

無事チェックインも済み、寝ることが出来ました。

翌朝、早くも事件が起こりました。
バイキングスタイルの朝食に少しどきどきしながら色々と選んでいたの。
そしたら、日本人の若い女の子、あたし以上に挙動不審。

「一緒に食べません?」、得意の逆ナンパ!
のちのち、出てくるその女の子の名前は「あーちゃん」。
あーちゃんと食事を終えホテルフロントで100バーツ紙幣を
両替してもらったの。
あたしは少しタイ語が話せるのでなめられなかったんだけど、
あーちゃんは、いきなりフロントの女になめられた。
100バーツ紙幣を2枚出したのに、100バーツ分のお金しか返ってこなかった。
あーちゃんは、「あの・・200バーツだしたんですけど、たっ 足りませんよね」涙
って。「そうだね、足りないね。よし、旅の始めになめられたら駄目だよっ。
取り返しにいくぞ!100バーツ!」
っといい、2人でいざ出陣。怪しいフロントの女に、
あたしはにらみをきかせながら
「エクスキューズ ミィー!!」
その女「(びびりながら)イエス・・・」

あたし「彼女は100バーツ2枚出したはずだけど、足りない」←(タイ語と英語で必死に。)

その女 素早く「アイムソーリー・・」と言いながら言い訳もせずに100バーツ分を
よこしたのでありました。

あたしとあ~ちゃんはあっけにとられながらも、
(この女気づかれなかったら、自分の懐に100バーツしまったんだろうなぁ。ずるい。)
と考えていたのでした。
あーちゃんには無事に100バーツが戻り、あ~ちゃんは一人でバスに乗り
タイの北部スコータイへ行ったのでした。
あたし、この、あーちゃんのことが気がかりで。。。

だって、英語もタイ語もほとんど出来ないのに
ベトナムまで行くとか言ってるんだもん。
若干20歳、これが若さなのかなぁって思ってしまった思考は、
おばちゃん風なあたしでありました。

人の心配ばかりしてる場合じゃない、あたしも初の国内線だわ。
Eチケットってどうやるのぉ?
初めてのことばかりで、やたらと緊張してたのであります。

続く

2004夏 タイ

2009.03.04 17:53|
以前ヤフーでブログをやっていたんですが、
そちらはほとんど今更新してません。
がしかし、2004年くらいから書いてるので、旅の記事が結構
あります。

今日から少しずつですがタオの過去記事をアップしてみます。
当時の記事をそのままアップするので見にくいかもしれないけど
ごめんしてください(笑)

「やっぱり、旅人は、旅が好き。」


2004年 夏 タイへ①

あたしは、忙しくしてるようで、のんびりしてる。特に荷造りは、遅い。
というか、出発当日に慌てて?焦って?つめてるタイプ。
だから、友人は焦るのである。今回も、案の定で・・・(笑)本人は毎回
少しは反省するんだけど、ね。
とある雑誌に、「旅に出るときは荷物は少ないほうがいい」と書いてあって。
だから、あたしも必要最低限の荷造りをして。
人生も、荷物を少なく、シンプルに生きたいもんだなぁっと、つくづく思うのよ。
日本にいれば、いろんなものがあって、ちょっと頑張れば手に入って。
けど、本当に必要なものって、どれくらいだろう。
着る物も、食べるものも、余ってるよね。洋服なんて、流行があるからシーズン終われば
着ないとか。。。なんて、ぜいたくで無意味なこと。だから、タオはシンプルなデザインで
着回しができそうなものを所有してるかなぁ。
去年タイ行った時、考えたんだ。お土産も買う気がなかったくらいに物欲がどっかに
飛んじゃってあたしが欲しいものは、ものじゃなくて経験や体験だなぁって気づけた。

きっと今年の旅も、友人タダヲ君から借りたオレンジ色のリュックひとつで
旅を終えるんだろう。
それ以上に素敵な思い出を手に入れてくるぞ!
出発にはもってこいというくらい いいお天気!
朝日を浴びながら、いろんなことを考えて成田へ向かったのでした。

サッカー♪

2009.03.04 16:50|私の日常
タオ、数年前に2年間ほど社会人サッカー部の
マネージャーをしていました。

マネージャーといえば、チームのアイドル的な?マスコット的な?
かわいい~感じをイメージされる方も多いかもしれませんがーーー
タオ、まったくもって、男勝りですからね。ほほほほ~。

いつも選手達に、気合い入れてました(笑)
ハーフタイムのドリンクの補充なんか素早かったですよ。(笑)

あと、いまだに言われているんですが、

「試合中、選手よりもデカイ声で叫んでる!」伝説

「かまきさん、試合見て興奮しないで、ちゃんとスコア書いてよ!」伝説が

「応援にきた女性に注意し、泣かせた」伝説・・・などなどが、語り継がれております。

今度伝説について書きますね。おもろいですよ。

こちらが、そのチーム↓↓↓

当時はね、足利河辺FCという名前でした。
現在は、名前が変わりカンビアーレというチームに
変化しています。

何人か河辺当時の選手もいます。
監督は、我らが いっく~です。
何度かもう1人のマネと飲みに行ったんですが、ご馳走してくれました♪
かなりお酒強いっすよ。日本酒ガンガンでした・・・当時はね。

今年は、「秋田にJを!」と頑張っていくようですので、
私も何かお手伝いが出来たら~!っと思っています。

頑張って!若い力!

ネパール②輪廻転生

2009.03.04 10:54|私の日常
森羅万象。

すべてには生命があり、日々躍動に溢れた日常をおくっている。

生命には、始まりがある。そして終わりもある。

今読んでいる本の中で気にとまった文章があったので紹介したい。

「人を焼いているところを、たまには始めから終わりまでみてみるものだ。

いくら必死で金を稼いで、高いものを買って、土地や家や家族に執着しても

最期はみんな同じ灰になる。

現世とこの身体は魂の洋服みたいなものだ」


再来週の今頃、あたしは、ネパールで火葬を見てるだろう。



| 2009.03 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
welcom to

プロフィール

Maki

Author:Maki
寅年、B型、体育会系。

長所 元気。やる気。
短所 マイペース。

興味のあること。
農作業。障害者福祉。
国際理解。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。